お知らせTOPICS

年度〆、オノマトペ

2020.03.31

明日からは新しい年度。
新しい環境、
そして進級、卒業
ワクワク・ドキドキ・ソワソワ・ハラハラ
ウキウキ・オロオロ・ウッカリ・ガッカリ


日頃の感謝を込めて、地域のごみ拾いを。







大丈夫。
君たちのきらきらをそっと育むから。

段ボールさまへ

2020.03.25

いつも、ありがとう、君は何にだって変身できる。
子どもたちも大好きなんだ。

お別れのときは、いつもリサイクルするよ。
だから、これからもよろしくね。







かんかく、五感

2020.03.14

寒いのに、海へ。
案の定誰もいない。

砂浜をザクザク歩く、波の音がザァァっときこえる、潮の香りがする。
ゴツゴツするサンゴのかけら、海に放ると、ポッチャっと音がする。

見て、聴いて、嗅いで、触ってみて。



味はどうだったかな。

住み慣れた場所

2020.03.06

近くに何があるのか、意外にわからないこともある。
ゆっくり風景を楽しむ、散策を楽しむ、

すると色んな発見がありました。

木の枝に袋がかかっている


よって見ると、木の実が。びわかな?


美しい花も。野バラかな?



島バナナも。


なんと、ニワトリまで。



帰り道、こんな道あったっけ?



こうして地域に愛着がでてくるんだなぁ、と改めて実感。

学ぶはまねる

2020.02.19

まなぶ(学ぶ)、昔は”まねぶ”と言ったそうですね。
まねる(真似る)と同じ意味だそう。

ごっこ遊びは、真似るのいいお手本です。

いろんなものが売っているお店屋さん。




そのあとは、しっかりと掃除。よく見ています。



学習の”学”がまねるなら、”習う”は”慣れる”ことです。”慣れる”の古い形は”慣る(なる)”で、”ならう”はその変化したものです。”ならう”ことですから、”学習”とは、まずお手本の”まね”をして、そのまねたことを反復して”慣れる”ことです。”まねる”こととそれを”くり返す”ことで、子どもの能力は育つのです。
石井勲の漢字教室第4章幼児の学習過程

どこでも&どこでも

2020.02.08

近くのウォーキングコースにお出かけ。

まっすぐな道を見ると思わず、かけっこが始まる。



おやつは、酸っぱさが身に染みるパイン


広くとも、狭くとも、子ども心はイマジネーション、なんてほっこりした瞬間です。

安全祈願

2020.01.09

こども達が気持ちよく過ごせるよう、目に見えないパワーももらいたい。

迎え入れるにあたり、安全祈願。
そして、立派なお花もいただきました。ありがとうございます。

二礼四拍手一礼

2020.01.01

2020年、令和

新しい時代の幕開けを、子ども達と共に。
日の出は少し残念だったけれど、クリアな気持ちで満たされる。

出会いは縁ですから。



 
初春しょしゅんの令月れいげつにして 気淑くきよく風和らぎかぜやわらぎ 梅うめは鏡前きょうぜんの粉を披き 蘭らんは珮後はいごの香こうを薫かおらす
人々が美しく心を寄せ合う中で、すばらしい文化が生まれ育ってもらいたい。

芸術は爆発だ

2019.12.28

そしてすぐに、体験会も。

こども達の想像力は、やっぱりすごし

年賀状を送った大切な人の笑い声がきこえそう。

新しい風を吹き込む

2019.12.21

本当に急にお披露目会をやりました。

遊びに来てくれたお友達に心より感謝。
手作りの 
輪投げ・くじ引き・マイ羽子板作り・ポップコーン

はるかぜは、あなたの第二の我が家になりたい。
初めの一歩を踏んでくれました。ありがとう。

やっぱり初めは誰でも緊張

2019.12.16

工事期間中でも見学に来てくださった方々にも、感謝です。

ようやく整いました。
といっても、まだまだこれから。



一歩ずつ確実に

2019.12.15

延びに延びてしまった、オープンに向けて
着々と準備をしております。

スタッフもこども達と共に、成長を目指します。

こどもはみんなの宝

2019.11.18

日本財団チャリティー自販機 導入しました。

1本のドリンクで10円の寄付
その先は 子どもの貧困対策へ

設置におけるクレーンが入らず、少し苦労されていましたが、
清々しく作業を進めていただき、見習うことばかりです。



映えました

2019.11.15

その名も 
アレスシックイ琉球 天井も壁もぜーんぶ

優良県産品認定 防火認定までされちゃういい事づくめ。
漆喰パワーにあっぱれ!

過ごしやすい空間を目指して

2019.10.15

紆余曲折あった工事も無事進むことができ、よかった、よかった。

うんてい遊びは、たのしいだろうなぁ なんて思いながらニヤニヤしてました。


「こどもサポートはるかぜ」のホームページを公開しました。

2019.09.26


「こども達が安心して過ごせる」

第二の我が家になれるよう、たくさんのこども達でにぎわってもらいたいですね。
さぁ、たくさんわらおう


こども
      山村 暮鳥
ぼさぼさの
生垣の上である
牡丹でもさいているのかと
おもったら
まぁ、子どもが
わらっていたんだよう

最新記事

  • New

    2020.03.31

    年度〆、オノマトペ

  • New

    2020.03.25

    段ボールさまへ

  • New

    2020.03.14

    かんかく、五感

  • New

    2020.03.06

    住み慣れた場所

  • New

    2020.02.19

    学ぶはまねる

アーカイブ

Contactお問い合わせ

事業所案内

事業所名
こどもサポートはるかぜ
所在地
〒903-0126
中頭郡西原町棚原1丁目13番地の13 1F
事業所名
相談支援事業所「風」
所在地
〒903-0126
中頭郡西原町棚原1丁目13番地の13 1F

アクセス